秋は肌にとって鬼門!疲れを取り乾燥に備えること

秋の紅葉

このところ朝晩はめっきり涼しくなり、確実に秋の気配が訪れてきました。

 

気温的にはうだるような日差しもなく、過ごしやすくていいのですが、肌にとってこの時期はとても大切です。

 

ここでケアを怠ってしまうと、もっと厳しい冬の時期に取り返しのつかないことになってしまいます。

 

ではどういう肌ケアをすればいいのでしょうか?ポイントは2つあります。

 

それは、「夏の疲れを癒やす」ことと「乾燥に備える」ことです。

 

同じ季節に異なる目的の肌ケアをする面倒さはありますが、日頃からコツコツいたわることで、やがてくる冬を乗り切ることができます。


夏の肌ダメージをそのままにしない

強烈な紫外線や発汗、エアコンの室内との温度差など、夏は肌にとってとんでもなく過酷な季節です。特に日差しによるダメージに気を配る必要があります。

 

紫外線は角質層の水分を蒸発させ、新たな細胞の源になるコラーゲンを壊します。

 

ターンオーバーの乱れも引き起こすので肌の新陳代謝が悪くなり、古い細胞がいつまでたっても剥がれずにゴワゴワした肌になります。

 

つまり、夏に受けたダメージを回復するには、これと逆のことをすればいいのです。

 

ですので着目するのは角質層。とにかく慢性的に水分不足になっている肌内部を徹底的に保湿して潤わせるのです。

 

この際に、ごわついた古い肌がある場合は、強制的に取り除くピーリングをするのもひとつの手。(ただ、ピーリングは刺激が強いので返って肌を痛める危険性もあります。)

 

保湿に関しては、いきなり重いものを使うのではなく、分子の細かい軽めの化粧水を浸らせてから、とろみのある保湿力の高い化粧水、と段階を経て使うのがポイント。

 

化粧水を化粧水で蓋する、的なイメージですね。

 

乾燥しているから脂分で蓋、という安易な肌ケアのまずさは認知されていますが、化粧水の性質により使い分けるきめ細かいケアを徹底している方は、まだまだ少ないのではないでしょうか。

 

ただ、ダメージで弱っている肌へは、これくらいのレベルでしっかりと保湿をしていくことが重要です。

冬の乾燥に備える

冬は気温が下がり、ただでさえ空気が乾燥するのに、エアコンの暖房などさらにダブルパンチ。

 

身体の基礎代謝も低下し、皮脂腺や汗腺の働きも悪くなるので、自らみずみずしい肌になろうとする力も弱ります。

 

もはや、ケアなくして冬は乗り切れないのではないでしょうか。

 

また、保湿は一日にしてならず、です。

 

通常の肌は角質層に30%の水分を含んでいますが、これ以下になると肌は乾燥を感じるようになります。

 

冬が来てから慌てて保湿ケアしても遅いので、秋くらいからしっかりと準備しておく必要があります。まず、ケアの前に顔の中でも特に乾燥しやすい場所を知ることが大切です。

 

その場所は「目元」と「口元」です。

 

どちらも他の部位より皮脂腺が少なく、特に目元は皮膚も薄いのでちょっとした刺激で痛み、乾燥や炎症を起こしてしまいます。

 

この状態を放置すると、目元のシワやシミ、口元ならほうれい線の要因になってしまいます。

 

また、乾燥した肌はトーンが落ちるので、どこか貧乏臭い、不健康な印象の顔になってしまいます。

 

外出の際は目元用クリームやリップクリームを常に携帯し、こまめに塗って保湿することが大切です。