ヒルドイドの優れた保湿力に注目が集まる

ヒルドイド製品群

女性の美容雑誌でも「究極のアンチエイジングクリーム」として密かに脚光を浴びている保湿剤、ヒルドイド。

 

ヒルドイドはへパリン類似物質を主成分にしており、乾燥肌やしもやけ、アトピー性皮膚炎など皮膚に関するお悩みの方によく使用されています。

 

お肌に水分を補給する、保湿力に優れている、血行を促進させる作用がある、傷を修復したり治りを早める作用がある、血液の凝固を防ぐ作用がある、うっ血を防ぐなどさまざまな機能があります。

 

血行が促進されることでお肌のターンオーバーが活性化することまで期待できます。

 

紫外線を浴び続けるとメラニン色素が増えて黒くなる日焼けを起こしますが、ターンオーバーが活発なうちは自然に薄くなります。

 

しかし年齢とともにターンオーバーが落ちてくるとシミになって残ることがあります。お肌のシミは下着や衣服で擦れて刺激を与えることでも残ってしまう事があります。

 

ヒルドイドは皮膚の疾患だけじゃなく、そんな女性のお肌のお悩み解消にも期待されています。

 

ヒルドイドと同じ主成分で有名なのは、傷跡につける薬として大ヒットした小林製薬の「アットノン」。あれもヘパリン類似物質の力で皮膚の新陳代謝を促進し、傷跡を目立たなくしてくれます。

 

●参照:マルホ株式会社(ヒルドイドの製造・販売)
http://www.maruho.co.jp/araikata/


皮膚科で処方される安心の保湿剤

肌を気にする女性1

基本的に薬品のカテゴリで、へパリン類似物質を主成分にしていると聞くと、日常的に皮膚に塗っても大丈夫なのか不安を感じる方が多いです。

 

しかしヒルドイドは病院の皮膚科でもよく医師から処方されており、安全性の高い保湿剤です。

 

ヘパリン類似物質は豚などの肺臓から抽出されたムコ多糖類の多硫酸エステルです。

 

以前は牛からも抽出されていましたが狂牛病が問題になったことがきっかけになって現在ではあまり使われなくなりました。

 

へパリン類似物質は人間の肝臓でも生成されるへパリンと構造が似ています。他にもヒアルロン酸やフコイダンなどもムコ多糖類の一種です。

 

へパリン類似物質はこういった保湿力に優れている物質の仲間なので安心して使うことが出来ます。

 

副作用が起こる可能性が低いですが、発疹、発熱、痛み、かゆみなどが稀に生じることがあります。もしそんな症状が見られたときはすぐに使用を中止し医師にご相談ください。


安いジェネリックがあるのがうれしい

肌を気にする女性2

ヒルドイドは皮膚疾患など使用目的上で長期間続ける方が多くなります。

 

薬代だけでもかなり負担になってしまいますが、出来るだけ薬代を抑えたいならジェネリック医薬品があります。

 

先発医薬品の有効成分の特許が切れため、他の製薬会社でも製造できるようになったものがジェネリック医薬品です。

 

医薬品の開発コストなどを抑えられるために先発医薬品よりも安価なのが最大の特徴です。

 

同じ成分を同じ量だけ配合しているので効果も同じと言われています。しかし外用薬の場合は主成分が同じでも基材や添加物などが異なることがあります。

 

先発医薬品のヒルドイドとジェネリック医薬品のヒルドイドと使用感が異なる場合があると事前に理解してから使用することが大切です。

 

しかし本当に効果があるのかよく分からない化粧品を使うより、病院でも処方される成分を使われたほうが効果が期待できます。

 

ヒルドイドのジェネリック製品
メーカー 商品名
日医工株式会社 ビーソフテン
株式会社陽進堂 クラドイド