乾燥肌をケア!自分で治すために大切なポイント

肌の潤う女性1

乾燥している肌では、角質層に隙間ができています。

 

角質細胞と細胞間脂質からなる角質層は通常、細胞がレンガのように積み重なり、細胞間脂質がその間をきちんと埋めています。

 

そうして、体内の水分の過剰な蒸散や、外部からの刺激の侵入を防いでいます。

 

しかし、何らかの理由で細胞間脂質が不足すると、角質層に隙間ができ、角質層はバリアとしての機能が果たせなくなります。その結果、肌は乾燥しやすく、刺激に弱くなるのです。

 

細胞間脂質が不足する要因としては、洗剤の使用で流れ出てしまうことや、ターンオーバーの乱れなどによってあまり合成されなくなることがあります。

 

また、細胞間脂質が不足しているとき、多くの場合、角質細胞の中にある天然保湿因子も減少しています。


過剰な洗顔は乾燥肌を悪化させる要因

肌の潤う女性2

乾燥肌のケアで気をつけたいのは、肌を洗い過ぎないことです。

 

頻繁にクレンジング剤や洗顔料を使っていると、細胞間脂質や天然保湿因子が多く流れ出てしまいます。

 

それでは、洗顔後にいくら保湿成分を補っても、乾燥肌はなかなか改善しません。

 

クレンジングや洗顔は、洗浄力の強すぎない商品を使って行うようにしましょう。

 

洗顔の回数は通常、朝と夜の二回ですが、自分の肌の状態を見て、朝は水や湯で洗顔するといった工夫をすると良いかもしれません。

 

また、あまりに乾燥して肌の状態が悪いときは、メイクを控えて、クレンジング剤や洗顔料を使わないようにしたほうが、肌の改善スピードは速まります。

 

肌を洗い過ぎないことに加えて、保湿成分をしっかりと補うようにすることも、乾燥肌のケアにとって大切です。


高い効果を持つのはセラミド

肌の潤う女性3

乾燥肌に効果的な成分は、まずセラミドです。

 

セラミドは、実際に私たちの肌に存在し、角質層の細胞間脂質の約半分を占めています。

 

そのため、セラミドを補えば、角質層の状態を整えることができます。セラミドの水分や油分を抱えこむ力も、かなりものです。

 

次に、尿素やアミノ酸といった、天然保湿因子を補うのも効果的です。セラミドに比べると、保湿効果は弱いものの、肌なじみが良いですし安価です。

 

最後に、ヒアルロン酸やコラーゲンなども有効です。これらは真皮にある成分で、スキンケアによって真皮に届けることはできませんが、表皮に塗れば保湿剤として活躍します。

 

以上のような成分の配合された基礎化粧品を選び、スキンケアでしっかり補えば、乾燥肌はきっと改善に向かいます。